ヨーロッパにはたくさんの大学があり、プログラムも豊富で様々な選択肢がある一方、システムもそれぞれ異なり複雑です。自分にあった進学先(大学及びプログラム)を選ぶためには時間に余裕を持って早めに情報収集をスタートさせることをお勧めします。

通常、準備期間として(情報収集から学生ビザ取得、住居探し、日本を出発するまで)9ヶ月〜1年見て頂くことが理想です。半年以内の準備期間でも進学は可能ですが、申し込める大学に限りがあること(多くの国立大学は願書締め切りがすでに決まっているため、願書締め切り後の申し込みは一部を除いて不可能です)そしてすべての準備に費やす時間が少なくなるということを念頭に入れておいてください

Part 1: カウンセリング&大学探し

EN EuroEducationが提供する大学探しのプロセスは、単に生徒さんと話をし手元にあるリストの中からいくつかの大学を紹介する、といった単純なものではありません。カウンセリングを通してまず生徒さんの個性を把握し、次に何を学びたいのか、将来どういった分野で活躍したいのか、といったインプットをもとに、興味のある外国語や文化、予算など様々な希望・条件に沿った国、街、大学、学部をセレクトしていきます。そして必要に応じて大学側にコンタクトを取り、アドミッションの条件・資格等を確認した上で、基準を満たした大学をリストアップする、という幾つかのステップから成り立ちます。このプロセスにはハイレベルの専門知識と経験が必要とされます。

ステップ1:イニシャルミーティング

事前アンケートに答えてもらった後に、生徒さんの性格、進路希望、将来の目的などについて話を聞き、生徒さん自身を理解することに焦点を置いたミーティングです。カウンセラーはこの際に現状をより把握するため、生徒さんの成績についても話をします。

ステップ2:パーソナリティテスト&分析

生徒さんには2つのパーソナリティーテストを受けて頂きます。カウンセラーはこれらの結果を分析し、後日別のミーティング日を設けます。そこでは単に結果を伝えるのではなく、分析結果が何を意味するのか生徒さんと詳しい話を重ねていきます。これは、生徒さん本人に自己理解を深めてもらうためのものであり、様々な角度から自分を見つめることができます。

ステップ3:マインドマッピング

Best Fit University を探し出すために、カウンセラーとマインドマッピングを行います。様々なファクターを書き出していくことで何を勉強したいのか、どういった環境で勉強したいのか、そしてそれをどう将来へつなげていくか、などが明確になってきます。2時間から3時間程お時間を頂きます。

ステップ4:大学及び奨学金リサーチ &リスト作成

ステップ1から3の内容・結果、そして学費や環境への希望・条件なども踏まえて、生徒さんの可能性を最大限に引き出してくれる大学及び学部をヨーロッパ28カ国を対象にリサーチ、セレクトします。単に大学名、学部名だけが掲載されたリストではなく、各大学では一体どういった授業が提供されているのか、出願条件は何か、そしてその条件を満たしているかどうか、エラスムス制度は充実しているかどうか、インターンシップ制度はあるのかどうか等、様々な情報を集め、その生徒さんだけのカスタマイズされたリストを作成します。

ステップ5:大学&学部の概要説明

上記のリストの内容、そして選択理由をひとつひとつ詳しく説明します。

ステップ6:出願大学決定

紹介した大学の中からどの大学のどのプログラムに出願するかをカウンセラーと一緒に話し合いながら決めていきます。

Part 2: アドミッション・サポート

出願する大学・学部を決めた後、新たに別のミーティングを設定し、何をいつまでに準備しなくてはいけないか、エッセイの書き方や面接の指導なども含め、入念にスケジュールを組んでいきます。

EN EuroEducation では最大5つのプログラム出願のサポートを致します。同じ大学で複数のプログラムに申し込む際、出願要件が異なる場合は1つのプログラムとしてカウントします。
サポート内容は下記の通りとなります。

1)スケジュール作成

大学が設置した願書締切日をベースに必要書類の内容を事前にチェックし、全ての書類を提示された期限までに用意・送付できるようスケジュールを作成しナビゲートします。また、大学によっては、アプリケーション送付後に、面接や筆記試験を設けているところもありますが、こちらのスケジュールもコーディネート致します。

2)アプリケーション・サポート

ヨーロッパの大学への申し込みのシステム及び必要書類は、国・大学・学部によって異なり複雑です。正しい書類の作成、そして記入漏れがないよう、アプリケーションフォームと呼ばれる願書の記入方法から必要書類確認までのお手伝いをします。

3)入学審査&奨学金サポート(エッセイ指導・添削、履歴書及び面接指導など)

ほとんどのヨーロッパの大学では、学力査定の一部として、与えられたトピックを題材にエッセイを書くことを要請しています。日本では書き慣れないエッセイですが、書く内容のトピックのブレインストーミングから書き方のガイダンス、添削までをサポートします。

奨学金を申し込む場合も、審査過程としてエッセイの提出や面接を設けている大学が多いので、奨学金取得可能性を最大限にできるようマンツーマンで対策を練り指導致します。

また、学部によっては Curriculum Vitae (CV)という、いはゆる履歴書送付を求めてくる場合もあります。CVは日本のように決められた書式(テンプレートと呼ばれるもの)は存在せず、書く内容、デザイン、すべて自分で考えなければいけません。さらに、生徒さんのパーソナリティ、モチベーション、そしてプレゼンテーション能力を知るために面接を設けている大学もあります。EN EuroEducation では、これらの入学審査にも十分に対応できるよう、CV 作成、面接の練習などを全面的にサポート致します。

4)最終決定に関するアドバイス

願書を提出した複数の大学から入学許可を得た場合、必要に応じて最終的にどの大学で何を学ぶか、最終決断のプロセスにおいてカウンセリングを実施します。


*TOEFL、IELTS、SAT 対策

IBディプロマを取得していない場合は、英語力及び高校のレベルを知るためにTOEFL、IELTS、またはSATのスコア提出が条件となっています。ENではこれらの試験への直接指導は行っていませんが、マンツーマン、あるいは少人数制での指導可能な専門家を紹介させて頂くことは可能です。

料金・支払い方法

サービス内容&料金

COVID19の影響により経済的にダメージを受けたご家庭を考慮し、一部の生徒さんへの料金を下げてサポート致します。

対象者:海外の大学進学を強く希望しているが、経済的な事情で実現が困難になってしまった生徒さん
「留学したい」「学びたい」という思いを経済的な理由で断念するほど悔しいことはありません。でもまだ諦めないで!元々学費が安い大学を探し出し(安いからといって学びの質が落ちるということは決してありません!)、さらに奨学金が得られるよう全力でサポートします。対象資格や料金については下記のお問い合わせボタンよりメールでご連絡下さい。

下記の内容から自分に必要なサービスを選ぶことができます。
個々のサポート期間は個人により異なりますが、フルサポートは通常1年、ハーフサポートは2ヶ月となります。リサーチやリスト作成、概要説明に要する時間も対象国数や専攻によって10時間〜40時間ほどと大きく異なります。

サービス内容料金
個別カウンセリング(60分)150ユーロ
パーソナリティテスト&分析300ユーロ
マインドマッピング(自己の性格や目的、そして現状を取り巻く様々な要素を明確にしていきながら、どうすればゴール到達できるかをカウンセラーのサポートと共に見つけていく作業)300ユーロ
リサーチ&概要説明(大学リサーチ&リスト作成、奨学金リサーチ、大学と学部の概要説明、出願大学選出サポート)3カ国対象:1000ユーロ
5カ国対象:1500ユーロ
10カ国対象:2000ユーロ
全28カ国対象:2800 ユーロ
サポート期間中の大学や政府教育関連機関との連絡代行200ユーロ
スケジュール作成&管理300ユーロ(2部以降は200ユーロずつ追加)
出願サポート400ユーロ(同じシステムで複数の大学及び学部に出願できる場合は1校とカウントされる。それ以外、2つ目から300ユーロずつ追加)
エッセイ指導&添削400ユーロ(2つ目以降は300ユーロずつ追加)
面接指導&模擬面接200ユーロ
CV(履歴書)作成サポート1部100ユーロ
カウンセラーによる出願大学訪問実費+500ユーロ
無制限Q&A1ヶ月100ユーロ

※ EN EuroEducation はベルギーで設立された組織である為、法律上料金は現地の通貨であるユーロで請求させて頂きます。

※※リサーチ結果の大学数&学部数は国・専攻によって異なるため、概要説明にかかる時間も異なります

フルサポート:5000ユーロ

最初の相談から、専攻決定、大学リサーチ、出願大学の選出、そして全ての出願のプロセス、そして入学許可を得た複数の大学の中からどの大学へ入学するのかを決定するまでのフルサポートを提供致します。またカウンセラーが出願大学を実際に訪問し、大学の雰囲気や街並みをリポート、そして出願希望大学に通われている生徒さん(日本人学生がいれば日本人学生)とあなたをつないで色んな話ができる環境作りも致します。フルサポートの期間は通常1年みて頂きます。


ハーフサポート:2000ユーロ

「出願は自分でできるけれど自分にあった大学を探してほしい」という方にはこちらのハーフサポートをおすすめします。1回のコンサルティング、そしてパーソナリティテストを行い、その後ご自身で28カ国の中から5カ国を選んで頂きます。その5カ国を対象に大学及び奨学金のリサーチを行い調査結果をひとつひとつ説明し、その中から出願する大学を決める段階までをサポート致します。また、サポート期間中の2ヶ月は、メールでの無制限のQ&Aを受けつけます。


※ フルサポート及びハーフサポート料金は通常2回払いですが、状況によっては分割払いも受け付けております。
※ 出願申請期限が1ヶ月以内の場合は締め切りに間に合わせるために通常時間外のカウンセリング及びサポートを要しますので追加料金が適用されます。


支払い方法

  • Transferwise 使用のカード払い
  • 銀行振込
    ※ 振込手数料はご自身での負担となる旨ご了承下さい。

質問、不明な点などありましたら下記のフォームから気軽にお問い合わせ下さい。


なぜカウンセリングやアドミッション・サポートに料金がかかるのか?

無料でカウンセリンングを提供している組織の多くは留学仲介・斡旋業者、いはゆる”エージェント”と呼ばれるもので、契約を結んでいる大学に生徒を送り、その報酬として大学側からコミッション(仲介手数料)を受け取ることによって経営が成り立っています。EN EuroEducation は留学エージェントではありません。IACAC (International Association for College Admission Counseling) などのガイダンス・カウンセリングの国際組織によって定められた「カウンセラーは大学側の利益目的のためではなく、生徒の将来を第一に考えた生徒主導のカウンセリングを提供する」という倫理規程 (Code of Ethics) に沿って活動をするガイダンスカウンセラーです。

EN EuroEducationは、ヨーロッパ大陸にあり、英語で大学教育(Bachelor’s programs) を提供している全ての大学をカバーしておりますが、どの大学ともビジネス的な契約は一切しておらず、斡旋手数料、広告料金などは一切受け取っておりません。そのためエージェントのように無料でカウンセリングを提供することはできません。

生徒さんの希望に合った大学探し、情報収集、そしてその大学への入学許可を得るためのサポートを個々で提供しており、それによって生ずる専門家としてのコンサルタント料金を請求させて頂いております。