なぜガイダンスカウンセラーが必要なのか?

ガイダンスカウンセラー。海外ではよく知られている職業ですが、日本ではまだ馴染みのない職業で認知度も低いですね。プロのアスリートは、契約の際より良い条件で契約が結べるよう交渉のプロであるスポーツエージェントと交渉に挑みます。舞台が法廷であれば勝訴するために法律のプロである弁護士をつけて裁判に挑みます。ガイダンスカウンセラーとは、進路指導のプロフェッショナルです。簡単に言えばあなたの希望にあった大学を見つけ、その大学に入学できるチャンスを掴むため様々なサポートを提供するコーチ、家庭教師、マネージャー、そして助言者的な存在です。

ヨーロッパの大学の情報は残念ながら日本ではなかなか手に入れることができません。日本からの留学といえばアメリカやカナダといった英語圏でのものが主流であるため前例もあまりなく、ヨーロッパでの留学を経験した方の話を聞くことも簡単にはできません。留学エージェントは提携している大学の情報のみを扱っているので、自分の学びたいことや行きたい国に関してのアドバイスがもらえるとは限りません。自力でネット検索しようものなら膨大な量の情報で圧倒されてしまうことでしょう。

ガイダンスカウンセラーには経験を重ねたからこそ得ることができる知識とネットワークが備わっています。カウンセラーの力を借りることで、あなたが学びたいこと、将来やりたいことが明確になり、自分だけでは入手できない大学の情報も得ることができ、最強の大学リストの中からさらに厳選してあなた自身に合った大学・学部を選び出すことができます。

また、海外の大学の出願システムは複雑であり、生徒は「どのタイミングでアプリケーションを出せばいいのか(早期出願、早期決定、定期出願、定期決定など)」「いつまでにどの書類をどのように準備・提出すればよいのか」など、それぞれの段階で無数の質問に直面します。大学出願準備を、毎日の高校生活(授業、試験、部活)と並行して行うのは難しく、必要以上のストレスに悩まされることになります。

専門家であるカウンセラーについて出願準備を行う一番の利点は、質問があればすぐに聞ける相手がいて、壁にぶちあたれば一緒に対策を考える相手がいるということで、様々なストレスが取り除かれ、生徒さんがするべきことに集中できる、という点にあります。集中できる環境に自分を置くことでベストなコンディションで出願準備に挑むことができます。


なぜ EN EuroEducation?

生徒主体の指導

現在日本にある留学相談所の多くは、いくつかの海外の大学と契約を結び、その大学に送った生徒の人数によってコミッション(手数料)を受けとるエージェント(留学斡旋業者)と呼ばれるものです。無料でカウンセリングが受けられるという反面、契約している大学のみの紹介となるためオプションが限られてしまいます。

EN EuroEducation は留学エージェントではありません。IACAC (International Association for College Admission Counseling) によって定められた「生徒の将来を第一に考え、生徒主導のカウンセリングを提供する」という倫理規程(Code of Ethics) に沿ったカウンセリングを提供しています。そのため、リサーチ対象となる大学の数は数百校となり、そこから生徒さんの希望や条件によって出願する大学を選出していきます。

また、ご紹介する大学には、日本からだとなかなかオープンデーなどに参加できない生徒さんに代わって、EN EuroEducation代表の北村が自ら訪問し、大学スタッフや教授軍、生徒たちを話をし、大学はもちろん、大学がある街の様子など様々な角度から見た情報をお伝えします。

EN EuroEducation が持つヨーロッパ諸国の大学とのネットワークは、学生に大学に関する正しい情報を提供するためのものであり、斡旋料や広告料が発生するビジネスパートナーとしてのものではありません。

ヨーロッパの専門家

EN EuroEducationは、日本国内では数少ないヨーロッパの専門家であり、ヨーロッパ28カ国にある全大学(英語でのプログラム)を対象としています。EU本部があるベルギーにオフィスを構え、最高のロケーションをフル活用し、ヨーロッパ各国にある諸大学と素晴らしいネットワークを築き情報交換を頻繁に行うことで、常に最新のアドミッション情報を提供することができます。